2017夏のフィンランド旅7日目 イッタラ&アラビア・デザインセンター

夏の間はハカニエミの広場で日曜日に蚤の市が開かれるそうなので、行ってみました!おじさんのお店で見つけたこちらのピックスタンド。くくく…かわいいーー!

おじさん曰く、これはジャパンからやってきたとな。確かに底面に「意匠(出願)」の文字が!目の部分が見る角度で開いたり閉じたりするんです〜♡逆輸入にはなりますがこれは連れて帰らないわけにはいかん。日本でも古いものになると思いますが海を越えてもダメージ少なく綺麗な状態。お買上げです。

ハカニエミの蚤の市は、一般の出店者が多めでまさにガラクタ市!なお店も多かったです。この日は朝から半袖でいけるくらいの暑さで日差しもきつかったので長居せず次に向かいます。毎日体感は涼しいけど日差しはきついので焼けますよ!!

トラム6番で向かうは「イッタラ&アラビアデザインセンター」です。アラビアの工場は閉鎖されてしまったのでどうなっているのか気になったのと、これまでタイミングが悪く行けたことがない併設のミュージアムに行ってみたいと思いました。

トラムに乗っていたら今まで見たことない気がしたARABIAと書いたショッピングセンターがあり、(前からあったのかな?)そこにアラビア工場のあの煙突らしきものがどーんと据えてあるではないですか。ぎょっとして、ま、まさか工場閉鎖であの建物…煙突…と思わずここで降りてしまいました。特になんてことないショッピングセンターだったので気を取り直してもっかいトラムに乗ると…

あああ…良かった…煙突、あるがな〜〜(泣)工場閉鎖で建物も壊されて煙突だけ記念に移動したかと思ったあ〜。どんなことがあってもこの景色だけは残してほしいです!

これまでお買い物ができた場所はB級品エリアがなくなったかわりに、ガラスの色見本の展示や、陶器の制作過程がわかる展示などがあってなかなか良いなと思いました。

そして、何より嬉しいのは併設のミュージアムが無料になっていること!ありがたい〜♪少し奇抜アート系の企画展が開催中でした。

その奥にあるデザインミュージアムの分館?エリア。窓からたくさん採光ができる空間で、ガラスがきらきらと光る圧巻の作品展示でした。

自分の生まれた年にどんなカップ&グラスが作られていたか分かる、アラビアカップとイッタラグラスの歴史展示。

日に当たると作品が劣化するから美術館はたいがい暗いと思うんですが、この燦々とした光の中で見るガラスの綺麗なこと!いいもの見せてもらったな〜と嬉しくなってしまいます。

やっとミュージアムに来れて、しかも無料で、展示も素晴らしかった…うれしい。

感動しつつ、ランチを取るため中央駅へ戻ります。

中央駅近くにある現代美術館キアズマのカフェでランチ。パンがピンクだったりして見た目、とってもきれいですが、ぜんぜん美味しくなくてバカ高く。ダメ〜!

食後はストックマンやその周辺をぶらぶらり。

ストックマンの中のムーミンカフェ。インテリアかわいいですね。

アルテックではミナペルホネンとのコラボポスターをゲットしました!!

日本でも人気のファブリックメーカー、ラプアンカンクリ。どれもこれも欲しい〜

チョコミント飴・マリアンネの広告イラストレーションがすごくかわいかったです。赤と白のしましまってなんでこんなにかわいいのでしょう。

青空が似合いすぎるヘルシンキ大聖堂。中に入ったことがなかったんですが、今夜、ここでオルガンコンサートが開かれるという情報をたまたま見つけたので、行ってみたいと思います!スタートは20時。いったんアパートに帰り、夜ごはんを食べてから再び大聖堂へ向かいます。

おお!思ったほど内部は大きくないのですね。これから演奏されるパイプオルガンがこちら。

演目は不思議なリズムと旋律のオルガン音楽でした。ドームに包まれるような空間で音を聴いているとねむ〜く…なってきました…

30分ほど楽しんで、外に出ますと少し空が暮れてきていました。やっと外で白夜を実感しております。20時半のヘルシンキ。本日まだまだ明るそうですね。

さらに夕暮れを楽しもうとホテルソコストルニの最上階(14階)のカフェへ向かいます。そこからの眺めが良いそうで。今日はふうちゃん、頑張って夜更かしです。

カフェがいっぱいだったので、12階からの景色。改めていいなあ〜いい街だな〜とため息をつく21時の夕暮れ時でした。

明日はまた初めてのエリアを訪問します!!

new
arcive
tags